記事の詳細

近江八幡のお土産としていただいた吉井製麩所さんの「ちょうじ最中」。
なんでも丁字麩(ちょうじふ)は滋賀県(近江八幡)の名産なんだとか。
monaka1
普通のお麩は丸いけど、滋賀のお麩が四角いことにまず驚きです。
近江八幡のお麸がこの形になったのは、昔、近江八幡を治めていた豊臣秀次(豊臣秀吉の甥)が「城下町の碁盤の目のように四角い麩にせよ」と命じたことがはじまりとされているようです。
ただでさえ、四角い丁字麩に驚きだった私ですが、このお麩が最中になっていることにさらに驚きました。
monaka2
そして、この最中、普通の最中のように最初から餡が入っているのではなく、自分で別封の餡を付けて食べるという形式。
色々と驚きずくめの最中なのです。
皮になる丁字麩には、黒胡麻のペーストがすでに付けられていて、その黒胡麻の付いた皮に自分の匙加減で餡をのっけ、もう一方の皮にサンドして食べるようになっています。
monaka3
一口食べてみると、まず普通の最中より断然厚みのある最中皮(丁字麩)は、思った以上のサクッと食感。
そう思っているとすぐに黒胡麻の香ばしいかおりが押し寄せてきます。
餡をたっぷり付けているのに、胡麻の主張の方が強く、けっこうあっさりした最中に仕上がっています。
クセになる最中です。お麩なのでヘルシーなのも嬉しいです。
【都道府県】滋賀県
【市区町村】近江八幡市
【シーン】手土産
【目的】おやつ旅行土産

【お菓子好きが選ぶ!】
[食べたい!]をクリックしてね♪あなたも食べたくなった?
  • 食べたい! (1)

関連記事

お菓子タイムズ オフィシャルブロガー

madam logo

お菓子タイムズに参加する

event-banner-300_60 mailmagazine_blogcc300_80
ページ上部へ戻る