記事の詳細

茨城県下では、普通の納豆のみならず、納豆をフリーズドライや天日干し加工した、ドライ納豆という食べ物が各社によって古くから販売されています。

ちょうど世間一般では、みやここんぶに相当する、自然を生かしたスナック的な位置づけです。

そんなドライ納豆に、白と黒のチョコをコーティングしてしまった物が、茨城名物チョコ納豆と、茨城名物ホワイトチョコ納豆です。

DSC_1067

※写真はホワイトチョコ納豆

チョコレート面は、普通の日本の板チョコに似た、つるっとした麦チョコのような食感で、硬さがあります。

手で握って溶けにくい、持ち歩きやすい製品ではあります。

が、問題はそこではなく、口中に広がる、あまいライトな風味のチョコレートの後に、とりわけ強調されて広がるビターな納豆風味です。

ドライ納豆は、製法により、またメーカー差でなかなかパンチの利いた、納豆らしさを前面に押し出した風味の物も数多く存在します。

そんなあたりから。だれもが味としては想像できるところにあるのではないかと思われます。

一度、話題として、体験してみることをお勧めします。

【都道府県】茨城県
【市区町村】水戸市
【シーン】手土産
【目的】差し入れ帰省土産旅行土産

【お菓子好きが選ぶ!】
[食べたい!]をクリックしてね♪あなたも食べたくなった?
  • 食べたい! (1)

関連記事

お菓子タイムズ オフィシャルブロガー

madam logo

ハッピープロジェクト 募集中

登録されている記事はございません。

お菓子タイムズに参加する

event-banner-300_60 mailmagazine_blogcc300_80
ページ上部へ戻る