記事の詳細

広島で有名なお菓子屋さん‟無花果”をご紹介させて頂きます。

この‟無花果”が生まれるにあたって心温まるエピソードがあります。

今この‟無花果”のお店がある場所に無花果が立っていてお店を建てるためにその無花果を切ってしまわないとならなかった為、店主さんはこのお店の名前を‟無花果”と名付けました。

その優しい気持ちが、今の‟無花果”の繁盛に繋がっているのではないかと私は思うのです。

image

私が‟無花果”のお菓子屋・ケーキの中でも最もお勧めのするのが、シュークリームです。

無花果では国内から選び抜かれた材料にこだわりあります。

向原高原の植物性の卵を使っているのでカスタードに生ぐささがありません。

image2

カスタード大好き人間の私からすると、硬めのシュークリームの皮と、あふれんばかりのたっぷりコクのあるカスタードが口の中でからまり、そしてひろがっていく瞬間が美味しくてやめられません。

image3

私は、自分がよく頑張ったなあと思う日は、‟無花果”のシュークリームを自分のご褒美として買って食べています。

夫もそのことをよく知っていて、私が疲れたなと思うと、必ずこの‟無花果”のシュークリーム”を買って来てくれて、私を元気づけてくれます。

このシュークリームは夫婦円満の秘訣でもあるんですね。わが家にとっては!

 

【都道府県】広島県

【市区町村】広島市佐伯区楽々園3-13-2

【シーン】自分用

【目的】おやつご褒美ママ会会社訪問女子会差し入れ母の日父の日

【お菓子好きが選ぶ!】
[食べたい!]をクリックしてね♪あなたも食べたくなった?
  • 食べたい! (1)

関連記事

お菓子タイムズ オフィシャルブロガー

madam logo

ハッピープロジェクト 募集中

登録されている記事はございません。

お菓子タイムズに参加する

event-banner-300_60 mailmagazine_blogcc300_80
ページ上部へ戻る