記事の詳細

こしあん好きの方にはたまらない和菓子でしょう。

原材料は小豆、砂糖、国産もち米、国産米こうじ、小麦粉。

地元で作られた麹を使って朝作った甘酒を使用しているようで、ほんの少しお酒の風味がします。

添加物が入っていないので消費期限が3日と短い。

岡山県には似ている和菓子がもう一つありますが、私はこちらの藤戸まんじゅうの方が好きです。

image

私の食べ方は豪快に一口で!

そしてゆっくりと口の中でこしあんを溶かしていき、幸せを感じるひととき。

ああ、もう一つ、もう一つ、と3つはお茶を飲まずに食べれるほどしつこくない甘さです。

この薄皮饅頭である「藤戸まんじゅう」は歴史が古く、創業800年余。源平合戦の頃に作られたそうです。

image2

本店のある場所の近辺は源平合戦の供養寺など重要文化財に指定されている歴史的にも興味深い場所でもあります。

私はこの、素朴な味わいの藤戸まんじゅうが大好きで広く周知してほしくてご紹介させて頂きました。

【都道府県】岡山県

【市区町村】倉敷市

【シーン】手土産

【目的】おやつ差し入れご挨拶帰省土産旅行土産

【お菓子好きが選ぶ!】
[食べたい!]をクリックしてね♪あなたも食べたくなった?
  • 食べたい! (1)

関連記事

お菓子タイムズ オフィシャルブロガー

madam logo

お菓子タイムズに参加する

event-banner-300_60 mailmagazine_blogcc300_80
ページ上部へ戻る