記事の詳細

資生堂パーラーは銀座本店サロン・ド・カフェにて、2017年3月23日(木)から4月30日(日)までの期間、「ババロア」をモダンにアレンジした春のデザートをご用意いたします。1954年から1967年まで銀座~日本橋間を走っていた都電7000形がこの3月に引退するにあたり、その当時、資生堂パーラー前に“銀座7丁目停留所”があったご縁から“さよなら7000形記念”としてメニュー化。当時人気だったババロアを旬の苺で仕立て、春の門出を飾ります。

苺ババロアロゴ入

◆「花模様の苺ババロア」(コーヒーまたは紅茶のカップサービス付)1,980(税込)

資生堂パーラーの伝統あるレシピによる苺のババロアに、路面電車の車輪に見立てたオレンジスライスチップを添えた懐かしさ残る華やかな一皿。苺とミルクのマーブルアイスクリーム、苺とオレンジのソースなどで飾った 見た目も愛らしいデザートは、春を感じる軽やかな味わいです。

※フルーツの入荷状況により、ご提供期間・内容が変更になる場合がございます。写真はイメージです。

4.1.1 JP

銀座中央通り(日本橋~銀座~新橋間)は都電が最も多く走り抜けたストリートのひとつでした。都電7000形が走っていた当時、資生堂パーラーには桃、ヨーグルト、カシスなど様々なババロアメニューがあり、人気は苺だったそうです。形もドームやドーナッツ型などで仕立てられていました。さよなら都電写真上:資生堂パーラー前の“銀座7丁目停留場”(1957年頃)/写真下:1967年都電1系統最後の日(旧資生堂パーラー前にて)

 

[食べたい!]をクリックしてね♪あなたも食べたくなった?
  • 食べたい! (0)

関連記事

ページ上部へ戻る