記事の詳細

全国439チームの頂点がついに決定!「わたしのまちの“新”名物」をテーマに熱い戦い!

貝印株式会社は、高校生がスイーツ作りの腕前を競う「第9回 貝印スイーツ甲子園」の決勝大会を2016年9月18日(日)にアキバ・スクエアで開催。おかやま山陽高等学校『rêve(レーヴ)』チームの2年生女子3人チームが優勝しました。

sub3
sub1

貝印スイーツ甲子園は、全国の高校生にスイーツを通じた自己表現や自己実現の機会を提供。将来のパティシエ育成や製菓分野への進学・就職などの機会を創出することを目的として2008年より開催しています。

今年9回目を迎えた本大会は、「わたしのまちの“新”名物」をテーマに全国から439チームが参加。2016年7月より行われた全国予選ブロックを勝ち抜いた6チームが、9月18日(日)に都内のアキバ・スクエアにて開催された決勝大会で優勝を競いました。

会場に集まった各校の先生や高校生の親御さんをはじめ、一般の観覧者を含む約120名が見守る中、12時30分より調理がスタート。150分の制限時間の中、参加した高校生は練習の成果を発揮。様々なハプニングがありながらも、各校とも最後まで諦めずにスイーツ作りに取り組んでいました。「できました!」の掛け声で、完成の合図をした瞬間に涙する高校生もおり、大きな緊張感の中、作品を完成させた安心感と達成感が伝わる場面でした。

そして、審査員であるPÂTISSERIE AU GRENIER D’OR (パティスリー・オ・グルニエ・ドール)の西原金蔵氏、Pâtisserie Tadashi YANAGI(パティスリー タダシ・ヤナギ)の柳正司氏、THÉOBROMA (テオブロマ)の土屋公二氏といった、日本を代表する3名のパティシエの厳正なる審査の結果、中国四国ブロック代表の『rêve(レーヴ)』チームの2年生女子3人チームが優勝。439チームの頂点に輝きました。優勝が決まった瞬間、メンバー3人は、何が起きたのかわからないという表情で顔を見合わせていましたが、会場に駆け付けた先生や親御さん、生徒からは大きな歓声の声が挙がりました。優勝の決め手は味。審査員からは、「香りを出すのが難しい桃の香りと、レモンの爽やかな酸味がとてもよく出ていて、桃やビスキュイの食感も良くとてもバランスが取れていて非常においしい。」との評価が。それを聞いたメンバーは、「まさか優勝できると思っていなかったのでとても驚いている。自分たちがこれまで頑張ってきた成果が結果となってとても嬉しいです」と語りました。優勝した3名には、スイーツの本場パリ研修旅行が贈られました。

【順位】
■優勝

sub2

おかやま山陽高等学校(岡山県) 『rêve(レーヴ)』チーム
作品名:S.E.T.O.U.C.H.I.cadeau(セトウチ キャドー)

■準優勝
レコールバンタン高等部(東京都) 『東京らんこんとる』チーム
作品名:chaleur(シャルール)

■第3位
慶誠高等学校(熊本県) 『Bloom(ブルーム)』
作品名:がまだせ熊本!

【第9回 貝印スイーツ甲子園の動画コンテンツ】
今回開催された各地方予選大会のダイジェスト・決勝大会の模様は貝印スイーツ甲子園公式サイトにて動画でご視聴いただけます。
▼公式WEBサイト http://www.kai-group.com/fun/koushien/
▼公式Facebookページ https://www.facebook.com/kai.sweetskoushien
▼公式twitter https://twitter.com/sweets_koushien
main

<開催概要>
■ タイトル  : 第9回 貝印スイーツ甲子園 決勝大会
■ 開催日時  : 2016年9月18日(月)
■ 開催場所  : アキバ・スクエア (東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 2F)
■ 主催者  : 貝印株式会社
■ 後援  : 日本教育新聞社
■ 協力 : 富澤商店 / 日本製粉 / 中沢グループ / 塩水港精糖 / ドーバー洋酒貿易

[食べたい!]をクリックしてね♪あなたも食べたくなった?
  • 食べたい! (0)

関連記事

お菓子タイムズ オフィシャルブロガー

madam logo

ハッピープロジェクト 募集中

登録されている記事はございません。

お菓子タイムズに参加する

event-banner-300_60 mailmagazine_blogcc300_80
ページ上部へ戻る