記事の詳細

ラスク職人が“泣いた”!?本場顔負けのフレンチラスク本場フランスのラスクvs日本のラスク
本当はどっちが美味しい?フランスで撮影した超短編動画で、ラスクの真実が判明!?

株式会社おやつカンパニーは、本物のフランスパンから焼き上げたこだわりの本格派パンスナック菓子「フランスパン工房」シリーズをリニューアルし、“ご褒美”という意味を持つフランス語を名付けた「レコンパンス(Recompense)」シリーズを新たに展開。上質なのに手軽なラスクとして作られた、プチフレンチラスクを、2016年9月26日(月)より全国で販売開始いたします。

sub2
また商品リニューアルプロモーションの一環で、ラスクの本場であるフランスで「レコンパンス」は受け入れられるのかどうかを描いた、超短編インターネット動画「フランス de レコンパンス」を制作し、同日より公開。さらに、クイズに答えてフランス5泊7日の旅などが当たるプレゼントキャンペーンを、同日より開始いたします。

sub7

プチフレンチラスクは、自社工場のフランスパン生産専用ラインで焼き上げたフランスパンを1本1本スライスして作り上げた、本格的なフレンチラスクです。1枚1枚個包装となっており、ちょっとした手土産や贈答品としても最適です。また同時に、ヨーロピアンスイーツをテーマとし、厳選された素材を蜜状にしてフランスパンベースの生地に絡めた、しっとりと濃厚な新触感スイーツスナック、シトリエもこの秋新登場。ラインナップは、マダガスカル産バニラビーンズを使った「バニラ味」と、ウパ茶をベースに紅茶風味のシロップで仕上げた「ロイヤルミルクティー味」の2種類です。

sub3

またこの度、「レコンパンス」シリーズの発売にあたり、 “レコンパンスのプチフレンチラスクと本場フランスのラスクはどちらが好まれるか”をテーマに、ラスクの本場であるフランスで街頭インタビューを行いました。総勢113人の方々にプチフレンチラスクと本場フランスのラスクを食べ比べてもらったところ、8割以上の方がプチフレンチラスクのほうが美味しいと回答する結果となりました。またその実験の様子を一部収めた超短編インターネット動画「フランス de レコンパンス」を、本日より公開いたします。

sub4

さらに本日9月26日(月)から10月31日(月)までの期間限定で、クイズに答えてフランス5泊7日の旅や、星付きフレンチレストランの豪華ディナー券、フランス産ホーローウェアの逸品「ル・クルーゼ」など、フランス馴染みの名品が当たるプレゼントキャンペーンを開始いたします。

【「レコンパンス」特設サイト】
URL:https://www.oyatsu.co.jp/product/recompense/

■商品

商品名「レコンパンス プチフレンチラスク」
内容量    : 10枚(個包装)
価  格   : オープン価格
発売日    : 2016年9月26日(月)
販路       : 全国のスーパーマーケット等
特徴       : 自社工場のフランスパン生産専用ラインで焼き上げたフランスパンを1本1本スライスして作り上げた、本格的なフレンチラスク。
1枚1枚個包装となっており、ちょっとした手土産や贈答品としても最適です。
商品名「レコンパンス  シトリエ」
味           : バニラ味、ロイヤルミルクティー味
内容量    : 40g
価  格   : オープン価格
発売日    : 2016年8月29日(月)
販路       : 全国のコンビニエンスストア、スーパーマーケット等
※西日本スーパーマーケットのみ、2016年9月12日より発売予定
特徴       : ヨーロピアンスイーツをテーマとし、厳選された素材を蜜状にしてフランスパンベースの生地に絡めた、しっとりと濃厚な新触感スイーツ。ラインナップは、マダガスカル産バニラビーンズを使った「バニラ味」と、ウパ茶をベースに紅茶風味のシロップで仕上げた「ロイヤルミルクティー味」の2種類です。

[食べたい!]をクリックしてね♪あなたも食べたくなった?
  • 食べたい! (0)

関連記事

お菓子タイムズ オフィシャルブロガー

madam logo

ハッピープロジェクト 募集中

登録されている記事はございません。

お菓子タイムズに参加する

event-banner-300_60 mailmagazine_blogcc300_80
ページ上部へ戻る